form and shape 本のかたち


Akie Tsuzuki exhibition


form and shape 本のかたち


2021

6 / 19 (土) ー 6 / 27 (日)

11:00 - 18:00

会期中無休


* 6 /19 . 20

ワークショップを開催します


会場 +106

住所 : 香川県高松市屋島西町2453-20

renowa yashima 106 号室





独特な感性によって本や箱、

紙による立体作品を創造する製本家、

都筑晶絵さんの展覧会を開催いたします


箱やカードなど作品の販売に加え

さまざまな本のかたちや

これまでの作品の一部をご覧いただけます

紙の可能性と楽しさを知ることのできる

ワークショップも開催しますので

ぜひ足をお運びください

ワークショップ


6 /19 (土)   「一枚の紙でできること」

6 /20 (日) 「フラッグブックをつくろう」


[時間] 11:30 - 13:30 ・ 15:00 - 17:00

[参加費] ¥ 3,850 / 1回 お茶とお茶付き

(振り込み前払い制)



お申し込みは+106店頭、

Instagramのダイレクトメール、

Homepageのお問い合わせフォーム

からお願いいたします


ご希望の日付けと時間、お名前、お電話番号、

ご住所、人数をお知らせください


持ち物やお振り込み先などの

こちらからの詳しいお返事をもって

ご予約の成立とさせていただきます


*少人数での開催になりますので

ご予約のキャンセルの場合はご友人など

代理を立てていただくか1週間前までに

ご連絡くださいませ

ご協力お願いいたします

[内容]


6 /19 (土)「一枚の紙でできること」


製本の基本の道具である骨のヘラ(bonefolder)と

テフロンのヘラ(teflonfolder)を使って

紙をきちんと折る練習から始め、

一枚の紙を折り畳んでできる封筒とカード、

正方形の小さな本のようなカード3種類の

折り方を教わります

折り畳んだ紙に切り込みを加えたり、

折りの向きを変えるだけで

一枚の紙からさまざまな可能性が広がります

招待状や手紙等にどれも対応できる折り方です




6 /20 (日)「フラッグブックをつくろう」


細長く折った蛇腹の背の山折り、

谷折り部分に、交互に異なったページが

パタパタと波打つように

飛び出す本、フラッグブックをつくります

開き方によっては裏が見えたり、

横から見ると不思議な造形物のようです

それぞれのページにメッセージを書き込んだり

印刷された紙を挟んだり組み合わせを

楽しんでつくっていただきます



-



Profile


都筑晶絵 Akie Tsuzuki


1979年生まれ

2001年にフランスで手製本と出会い

大学卒業後、ブックアーティストの制作の

手伝いをしながらより簡素で

モダンな製本を知り

内容から考える本づくりを始める


2007年1月からスイスで再び製本を学び

2008年3月から東京で製本教室を始め

展覧会のための作品集や特装本の

オーダーを受ける傍ら

ブックデザイナー、山元伸子さんと

ananas press として

作品づくりを始める


2011年よりアトリエを構え

各地でワークショップを行う


HP postaldia.com


photo: Tetsuya Yuasa (colonbooks)







最新記事
アーカイブ
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon